スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のカード⑤(ネタバレ自重なし)

月曜なので今日のカード紹介です。

“模索する者”篝

 RW/W15-080
 カード名:“模索する者”篝
 カテゴリー:キャラクター
 色:青
 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
 パワー:2000 ソウル:1
 特徴:《鍵》・《時間》

 【自】相手のアンコールステップの始めに、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を与える。

 瑚太朗「篝の仕事を手伝いたいんだ」
 篝「…」

 レアリティ:U

 ヴァイスシュヴァルツwikiよりコピペ



1枚目の篝は特定状況の時、味方のキャラ一体に手札アンコールを付与する能力を持ちます。
アンコールステップというのは、「アタックフェイズ」における6つのステップのうち、一番最後のステップです。
まずアンコールステップの始めに発動する自動能力が発動します。(「“模索する者”篝」の能力はここで発動しますね)
次に、ターンプレイヤーは自分の舞台にリバースされたキャラが存在する時、そのキャラを控え室に置きその後発動した自動能力を全て解決します。
これをリバースされたキャラがいなくなるまで行い、いなくなった場合は非ターンプレイヤーが同様の処理を行います。
リバースされたキャラが全ていなくなり、発動した自動能力を全て解決したら「アタックフェイズ」を終了し「エンドフェイズ」に移ります。

そして、アンコールというのは指定されたコストを払うことで控え室に置かれたキャラをレストした状態で舞台に戻す効果のことです。
また、カードに書いていなくても全てのキャラは3コストを払うことでアンコールを行う『自アンコール[③]』を持っています。


このカードがいればバトルに負けてしまい、控え室に送られてしまうキャラがいても手札のキャラを捨てることで復活させることが出来ます。
このカードが付与するアンコールは手札のキャラを捨てるため、結局キャラが控え室に置かれることに変わりはなく、アドバンテージだけを見るならとんとんといったところですが、当然相手は相手に取って舞台にいたら厄介なキャラを狙ってリバースさせてくるので、そのカードを必要ないキャラを1枚捨てるだけで護れることは大きな意味を持ちます。

アンコールという能力そのものが相手に取っては非常に嫌らしい能力なのですが、それ故に対策カードが豊富に存在するのでその点には注意。
例としては相手のキャラをリバースさせると山札の一番上やストック置場などに強制的に移動させる能力や、そもそもアンコールという能力の発動を禁じてしまう能力も存在します。
他にはこのカードの能力はアンコールステップにならないと発動しないため、それ以外のタイミングで例えばリバースを介さず直接控え室に送ってしまうカードなどの前では無力です。
あとは他のキャラにしかアンコールを付与出来ない点と付与出来るのは1体だけという点に気をつけるぐらいでしょうか。
ちなみにたとえリバース状態になっていても能力は使えるのでこのカードがやられていても、他のカードにアンコールを付与することは出来ます。多分…

やはりアンコールという効果自体が強力なためこのカードの効果も便利でしょう。自身の場所を選ばないという点でも便利かと。

“『鍵』の少女”篝

 RW/W15-081
 カード名:“『鍵』の少女”篝
 カテゴリ:キャラクター
 色:青
 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
 パワー:2500 ソウル:1
 特徴:《鍵》・《時間》

 【自】[②]このカードがアタックした時、あなたのクライマックス置場に青のクライマックスがあるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは1枚引き、そのターン中、このカードのパワーを+1000。

 より良い記憶を…

 レアリティ:U

 ヴァイスシュヴァルツwikiよりコピペ



2枚目の篝は特殊なCXシナジーで自身の強化とドローを行います。
このカードには色という概念があります。
色は「黄」「緑」「赤」「青」の4つがあります。
それぞれの色には特徴があり、例えば黄は攻め重視、緑はパワー重視だったりするのですが、それ以上に重要なのはレベル1以上のカードは自身のクロック置場,レベル置場にプレイするカードと同じ色のカードがないとプレイすることが出来ないのです。複数の色を混ぜる場合は注意が必要です。


通常のCXシナジーは名指しでCXカードを指定していますが、このカードは条件が少し軽くなっています。
その分、通常のCXシナジーよりも効果は控えめですね。
効果を使用すれば1枚手札が増える上に、このカードのパワーは3500まで上がり、レベル0コスト0の通常サイズを越えます。
しかし、そのコストは②とかなり重めなのが欠点。

このカードの真価は対応するCXカードの条件の軽さでしょう。
CXは種類によって発動する効果が微妙に違っているので、重いコストを補う為に使用した時にストックを増やすCXを使ったり、パワー3500では物足りない場合はパワーを強化するCXを使うことでさらにパワー強化が出来たりと、通常のCXシナジーよりも幅を持たせた使い方が出来ます。
このカードの為だけにCXカードを選ぶのはかなり勿体ないのでデッキの主力のCXシナジーに対応するCXがついでにこのカードにもうまく対応出来る、という場合のみ選択肢に上がるでしょう。

総じて幅広いデッキに入る万能カードというわけではありませんが、全く使い道がない訳でもないです。



というわけで今回は篝2枚でした。
原作の立ち絵差分ですから当たり前ですけど、イラストが凄まじく似ていますね。
篝に共通するキーワードは今のところ「手札」みたいですね。
しかし、今回のアンコール付与篝はつい最近禁止になったカエル医者を思い出しますね。
弱点も多いですが、レベル0に加えて特徴を指定したりもしないのでかなり汎用性は高そう。
今後色んなデッキで見ることになるかもしれないなー。

いやー、それにしても細かいルール説明とかしながらの紹介って結構いいなあ。
どうすれば見やすいか試行錯誤するのもあるけど、やっぱり自分でも曖昧だったルールとか改めて調べてみて「へー」ってなること多かったからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

12ゴン

Author:12ゴン
ヨッシーが好きです!大好きです!!大好きなんです!!!

最近ハマっているもの
・ポケモン
・神のみぞ知るセカイ
・魔法少女まどか☆マギカ
・東方心綺楼
・世界樹の迷宮
・ヴァイスシュヴァルツ
・Rewrite

Twitter
http://twitter.com/#!/12gon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。