スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のカード④(ネタバレ自重なし)

遅くなりましたが今日のカードが更新されたので紹介を。

“無愛想っ子”朱音

RW/W15-051
カード名:“無愛想っ子”朱音
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:1000 ソウル:1
特徴:《魔法》

【自】このカードがリバースした時、このカードのバトル相手のレベルが0以下なら、あなたはそのキャラをリバースしてよい。
【自】[① 手札を1枚控え室に置く]このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。

………

レアリティ:RR

ヴァイスシュヴァルツwikiよりコピペ



“似たもの同士”小鳥

RW/S15-086
カード名:“似たもの同士”小鳥
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:1500 ソウル:1
特徴:《植物》

【自】あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1500。

小鳥「手伝う!」 瑚太朗「…わかった。よろしくな」
小鳥「うん!」

レアリティ:C

ヴァイスシュヴァルツwikiよりコピペ





メインヒロインである朱音と小鳥の子供時代の姿ですね。
特殊なルートで主人公と関わっていきます。
イラストの場面はそれぞれ特殊ルートでの1シーンでしょう。
覚えていないというのは内緒。



朱音の方はバトルに負けた時に相手も巻き込む相打ち能力と相手を倒した時に控え室からキャラを回収する効果を持ちます。

レベル0コスト0としてはかなりパワーが低いのですが、相打ち能力によりレベル0までの相手なら問答無用で相打ちに出来ます。
いくら相手のパワーが高くても倒せるので早い段階で出てきたデメリット持ち高パワーキャラクターを返り討ちにするにはもってこいです。
しかし、レベル0の相手にしか相打ちが効かない為、終盤になると相打ちを活かせなくなってしまいます。
また、なんらかの手段で相手が自身のキャラのレベルを上げた場合も相打ちが効かなくなります。

もう一つの効果は相手を倒した時に発動する回収効果。
このゲームは控え室が貯まりやすいため回収効果はかなり便利です。
しかし、発動の条件である相手を倒すことはこの貧弱なパワーではかなり難しく、もう一つの相打ち効果で能力を発動させるのが基本となりますが、回収が本当に必要となる終盤にはこのカードの相打ちが機能しなくなる可能性が高いのが最大の問題。
また、発動のコストとして手札を1枚捨てているため、効果を使っても手札は増えない点も注意。
感覚的には1コストを使用した手札交換といったところでしょう。

上記の点を踏まえてもレベル0においてはこのカードが存在するだけでパワー負けを覆せるので便利でしょう。
デメリット持ちキャラには場に出た時に発動するデメリットも多い為、仕事をさせずに倒せればそれだけでアドバンテージを稼げます。
回収効果はおまけ程度に考えておきましょう。



小鳥の方はトリガーチェックの際にCXが出た時に自分のキャラを1体強化する効果を持ちます。
 トリガーチェックというのは、自分のキャラが攻撃した時に山札の一番上のカードを互いのプレイヤーが確認し、そのカードがトリガーアイコンを持っていた場合、その効果を発動させます。(トリガーアイコンはカードの右上に書いてあります。トリガーアイコンの種類によって発生する効果も違います)
 そしてめくったカードをストック置場に置き、トリガーチェックに発動する効果の処理をして、処理が全て解決したら次のステップに移ります。

CXカードは特殊なトリガーアイコンを持っていることが多いのですが、基本的にストック置場に置かれてしまうとデッキに戻り辛くなるのでCXがトリガーするのはあまり好ましくありません。
ダメージキャンセルが起きにくくなってしまいますからね。
パワーの上昇は結構大きく、相手のターンの終わりまで持続するので次の相手のターンを生き残りやすくなりますが、それ以前にこのカードはパワーが低めなのであんまり前に出たくありません。
当然攻撃回数が増えれば効果を発動する機会が増えるので自分の運命力を試したいのならば前に出てもいいと思いますが。
そもそもトリガーチェックでCXを引き当てるということ自体が運任せなため効果の発動が不確定なのが問題。
出ればラッキー程度の感覚でしょう。(上に書いてる通り必ずしもラッキーとは言えないのですが…)
ちなみにもしトリガーチェックでCXを引いてしまいCXがストック置場に埋まってしまいそうになった場合、前に紹介した「“優しい言葉”篝」のような攻撃するタイミングでコストを払い効果を使用するようなカードですぐにコストとして控え室に置けばCXがストック置場に埋まってしまうことを防ぐことが出来ます。上の朱音のような攻撃のあとにコストを払う場合は間にトリガーチェックを挟むのでストックが増えCXが埋まってしまうので注意。

総じてこのカードは使いにくいでしょう。





今回はブログの機能とか使ってみたり、画像の大きさを少し小さくしてみたりしてみたけど、これで多少は見やすくなったかな。
それにしても朱音は便利な効果を持っていながらRRなんですよね…
RRは20パック入りの1ボックスの中に4枚しか入ってません。
採用するとなるとかなり枚数必要だろうし、正直このレアリティはどうなんだろうなあ…

ちなみに今日のカードは土日には更新されないため月曜まで更新しないと思います。


追記
今までのカード紹介記事を今回の記事のように修正してみました。
ルール説明や主観的な希望、ちょっとしたテクニックなどの補足や小ネタなどは文字を小さくして区別してみたり、画像の大きさを小さめにしてみたり、話題ごとに水平線を入れてみたり、カードの効果を囲んでみたりと見やすさの向上を目指してみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

12ゴン

Author:12ゴン
ヨッシーが好きです!大好きです!!大好きなんです!!!

最近ハマっているもの
・ポケモン
・神のみぞ知るセカイ
・魔法少女まどか☆マギカ
・東方心綺楼
・世界樹の迷宮
・ヴァイスシュヴァルツ
・Rewrite

Twitter
http://twitter.com/#!/12gon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。